今すぐ「Kindleで読める面白い野球本」で打線を組んでみた(高校野球編)

どこにも行けない、行ってはいけないGW。
自宅ですることがない! 野球本を読みたくても本屋さんが閉まってる! 今すぐ野球本が読みたい!
そんな野球本愛好家のあなたに、野球書店がおすすめしたい「Kindleで今すぐ読める野球本」を打線形式で紹介します。今回は「高校野球編」です!


「Kindleで今すぐ読める面白い野球本」(高校野球編)

1番センター「不登校からメジャーへ イチローを超えかけた男」(喜瀬雅則/光文社)

イチローよりも早く、「日本人初の野手メジャーリーガー」の称号を手に入れかけた男の不屈の生き様を描き切る!

2番ファースト「野球と暴力 殴らないで強豪校になるために」(元永知宏/イースト・プレス)

超メジャースポーツである野球が、なぜ超閉鎖的なのか?
“監督服従”型の野球から、”選手自発”型の野球へ
体罰による”統制”から、個々に向き合った”指導”へ
「勝者が歴史をつくる」なら、「暴力のないチーム」がこれからの勝者だ!

3番サード「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」(中村計/集英社)

北海道勢初の甲子園制覇、田中将大らの輩出、前人未到の三連覇へ王手……。短期間に数多の偉業を成し遂げた高校野球監督。栄光と挫折の舞台裏を、長期に亘る丹念な取材で解き明かす。

4番ライト「下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル」(菊地高弘/カンゼン)

10年連続、県大会初戦敗退の弱小校、かつて県内で一番対戦したくない〝荒れた高校”三重県立白山高校がまさかの甲子園!? ドラマでも描けないミラクルストーリー。

5番ショート「金足農業、燃ゆ」(中村計/文藝春秋)

エース吉田輝星を擁して準優勝、一大フィーバーを巻き起こした秋田代表・金足農業は、何から何まで「ありえない」チームだった。きかねぇ(気性が荒い)ナインの素顔を生き生きと描き出す、涙と笑いの傑作ノンフィクション。

6番キャッチャー「一徹」(谷上史朗/インプレス)

総勢50名以上の関係者が高嶋仁の知られざる真実を語る。
誰よりも高嶋を追い、本人からの信頼も厚い著者・谷上史朗が綴る渾身のノンフィクション作品。

7番レフト「負けてみろ。」(田口元義/秀和システム)

聖光学院を取り巻く人々の高校野球ひいては選手個人への思いには、どこにもないオリジナリティと、心を打つ物語が詰まっている。元監督から現役の選手まで、圧倒的な取材量でまとめあげた一冊。

8番セカンド「甲子園という病」(氏原英明/新潮社)

勝利至上主義の指導者が、絶対服従を要求して「考えない選手」を量産したり、肩や肘を壊してもエースに投げさせたりするシステムは根本的に間違っている。監督・選手に徹底取材。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストによる「甲子園改革」の提言。

9番ピッチャー「投げない怪物: 佐々木朗希と高校野球の新時代」(柳川 悠二/小学館)

19年夏の岩手大会に密着した著者は、佐々木の登板回避の裏側に迫るとともに、直後の令和最初の甲子園で異変が起きていることに気付く。高校野球は、これまでと全く違った姿のものに変わろうとしていた。強豪校の監督、選手、OB、昭和・平成の怪物を見出した伝説のスカウトらに取材を重ね、その異変の正体に迫る。

【関連リンク】
今すぐ「Kindleで読める面白い野球本」で打線を組んでみた(プロ野球編)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る