金足農業、燃ゆ

中村計
文藝春秋
1980円(Kindle版 1800円)

あいつら、普段はパッパラパーだけど、野球だけは本気だったから。(女子マネ)

2018年夏の甲子園。エース吉田輝星を擁して準優勝、一大フィーバーを巻き起こした秋田代表・金足農業は、何から何まで「ありえない」チームだった。きかねぇ(気性が荒い)ナインの素顔を生き生きと描き出す、涙と笑いの傑作ノンフィクション。

〈彼らは秋田大会から通じ計十一試合、三年生九人で戦い抜いた。その九人も特別な九人ではない。秋田県内のごく狭い地域、二つの市と一つの郡から集まった選手たちだ。ほとんどの選手が三〇分以内で通学できる範囲に住んでいる。しかも公立高校だ。その上、野球には不利だと言われる雪国でもあった。(中略)現代において、こんなチームが存続していたとは――。〉(プロローグより)

(目次)
ある日のインタビュー 「凶悪な集団」
プロローグ 「二人の勝手」

衝撃 2018年8月8日 1回戦 vs.鹿児島実業
吉田輝星
焼肉 2018年8月14日 2回戦 vs.大垣日大
伝説のコーチ
神風 2018年8月17日 3回戦 vs.横浜
不器用な監督
熱狂 2018年8月18日 準々決勝 vs.近江
バカになる
我慢 2018年8月20日 準決勝 vs.日大三
小さな吉田たち
大敗 2018年8月21日 決勝 vs.大阪桐蔭
エピローグ 「最後の闘争」

関連記事

ページ上部へ戻る