【発売情報】「思考破壊~超一流に勝つための流儀」(2020/7/3)

麻王義之
竹書房
2035円

特殊エンドラン各種、スクイズ時のロケットスーパー、 敵を惑わすボケボケ作戦ほか、 「考える野球」の集大成を惜しげもなく披露。
私は「専用グラウンドがなくても試合には勝てるよ」と選手たちに説き続けた。そして、そのためには“思考”の部分で相手を上回り、“考える野球”をしながらあらゆる戦略を駆使し、相手チームの思考を破壊していかなければならない。2011年に甲子園行きの切符を手にできたのは、そういった至学館ならではの「思考破壊野球」を探求し続けた結果なのだ。

私がいかにして同好会から始まった本校野球部を、甲子園に出場するまでに育てたのか。そして、バッティングもノックも満足にできない「恵まれない環境」の中でどのような練習をしてきたのか。選手たちとどう向き合い、どのような指導をしてきたのか。そのすべてを、本書で明らかにしていきたい

――本文より

◆目次

はじめに

第1章 私学4強を打ち倒す至学館野球

第2章 麻王流・指導論── 選手のやる気を引き出す教え方

第3章 強豪を抑え込むピッチャー育成術

第4章 至学館野球の神髄「継投野球」

第5章 4強を倒す戦術──「思考破壊」と人材育成

第6章 4強に打ち勝つバッティング

第7章 失点を防ぐ守備&強豪を惑わす走塁&トレーニング

第8章 これからの至学館

高校野球監督は発育者であれ ……… 215

おわりに

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る