【発売情報】「現役引退――プロ野球名選手『最後の1年』」(2021/5/17)

「現役引退――プロ野球名選手『最後の1年』」中溝康隆

中溝康隆
新潮社
880円(Kindle版:880円)

「プロ野球死亡遊戯」でもおなじみの中溝さんの新刊。確かに、有名選手の全盛期の活躍は今も印象に残っていますが、晩年の姿はあんまり思い出すことができませんね。本書で紹介されている選手の中では田淵幸一、秋山幸二、渡辺久信、水野雄仁(なぜか西武が多い)らの現役最終盤の姿、成績、引退に至る経緯などを思い出すことができません。この本もなかなか面白そうです。

【内容紹介】

去り際に、ドラマが宿る――。
レジェンド24人の最晩年をプレイバック!
完全燃焼した者、最後まで己の美学を貫いた者、ケガに泣かされ続けた者、海外に活路を見出した者……どんな名選手にもやがて終わりの時が訪れる。
長嶋、王、田淵、江川、掛布、バース、原、落合、秋山、古田、桑田、清原など、球界を華やかに彩った24人の「最後の1年」をプレイバック。全盛期の活躍に比べて、意外と知られていない最晩年の雄姿に迫る。有終の美を飾るか、それとも静かに去り行くか――。その去り際に、熱いドラマが宿る!

【目次より】
1.ラストイヤーも30本塁打――王貞治
2.オレ流のまま淡々と――落合博満
3.未完のジュニア、9年間の狂騒――長嶋一茂
4.平成初のプレイング・マネージャー――古田敦也
5.流浪の金太郎――水野雄仁
6.夢の続き――原辰徳
7.西武黄金期を支えた男の完全燃焼――石毛宏典
8.絶好調男、奇跡の花道――中畑清
9.ミスター・タイガースの意地と美学――掛布雅之
10.昭和の怪物の電撃引退――江川卓
11.4番打者のままで――田淵幸一
12.41歳のとんぼ――清原和博
13.海を渡った求道者――桑田真澄
14.エースの美学――村田兆治
15.20年目の2000安打――駒田徳広
16.トレード拒否して即引退――定岡正二
17.反骨の男の里帰り――西本聖
18.有終の美を飾ったミスター赤ヘル――山本浩二
19.西武黄金時代のエースは台湾で――渡辺久信
20.“神様”の悲しい結末――ランディ・バース
21.最も愛された助っ人――ウォーレン・クロマティ
22.「メジャーに一番近い男」の卒業――秋山幸二
23.不惑の大砲のラストダンス――門田博光
24.さようならミスタープロ野球――長嶋茂雄

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る