【発売情報】「自分を諦めない – 191針の勲章」(2022/6/24)

館山 昌平/長谷川 晶一
ワニブックス
1980円(Kindle1980円)

館山昌平という投手の半生

「もう一度、手術をして、必ず神宮のマウンドに戻ろう」――三度目のトミー・ジョン手術に僕を踏み切らせたのは、〈ケガに敗れて引退はしたくない〉という思いだった。絶対に故障を理由に野球から離れることはしたくなかった。適切な手術をして、正しいリハビリを行えば、必ず復帰できる。僕には、それを証明する義務と責任があった。〈本文より〉

2004年、2013年、2014年と3度にわたってひじにメスを入れリハビリに苦しむ一方、不死鳥のように必ずケガから復帰し「最多勝」「カムバック賞」などタイトルも獲得した館山昌平。
絶頂と絶望を味わった名投手は、何を糧に厳しい世界を17年間生き抜いたのかーー

ヤクルトの先輩の石川雅規投手、大学の同級生で現読売ジャイアンツコーチの村田修一、大学の同級生で元マネジメント会社勤務の本橋伸一郎、両親……時代時代における5人の視点と証言をもとに、より館山昌平という投手の半生を多角的かつ重層的に探っていく。

さらに、ヤクルト一筋17年で学んだ、逆境を力にするための自分との向き合い方、プロの矜持、ロジカルな思考、新たなる挑戦を語り尽くす。

【Amazon】はこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る