【発売情報】「甲子園の名参謀」(2021/3/12)

大利実 (他)
竹書房
1980円(Kindle版:1980円)



強豪校を支える6人の「頭脳」が、チーム運営の極意を語る。

横浜・小倉清一郎元部長
日大三・三木有造部長
作新学院・岩嶋敬一部長
花咲徳栄・村上直心部長
聖光学院・横山博英部長
海星・葛原美峰アドバイザー

■第1章 三木有造 日大三(東京)部長
小倉監督の懐刀としてチームを支える部長/自らのミスで逃したセンバツ甲子園/衝撃的だった小倉監督との出会い/監督に向けての〝逃げ道〟を作る/選手の成長の瞬間に立ち会える喜び/斎藤佑樹に敗れた忘れられない夏/喜怒哀楽が見える中学生に魅力を感じる/部長として選手を守る/披露宴で恩返しの『ロッキー』 ほか

■第2章 岩嶋敬一 作新学院(栃木)部長
ゆくゆくは新潟に戻るつもりで栃木へ/かつて指導した教え子が監督に就任/スカウティング時のポイント/甲子園出場を決めたとき、まずやらなければいけないこと/栃木県高野連では副理事長を務める/コロナ禍で迎えた2020年を終えて/「甲子園出場が決まるとホッとします」 ほか

■第3章 葛原美峰 海星(三重)アドバイザー
『機動破壊』の生みの親は黒田官兵衛を尊敬する名参謀/土佐高校の全力疾走に憧れていた杜若時代/「一流遠征」で意識改革をはかった四日市工時代/健大高崎・青栁博文監督に送った一通の手紙//新天地・海星では得点の防ぎ方&取り方から伝授/森下晃理監督に伝授した試合の戦い方 ほか

■第4章 横山博英 聖光学院(福島)部長
もう一人の『名物監督』/斎藤智也監督とともに見逃した甲子園初出場の瞬間/「日本一のBチーム」を率いて/「自分が監督をやりたい」という野心/指導スタイルへの葛藤/高校生活は「80分の3」ではなく「3分の80」/聖光学院が目指す「守・破・離」の型

■第5章 村上直心 花咲徳栄(埼玉)部長
学校と野球部をつなぐ存在が理想/〝水沢プライド〟/名将の技術指導に度肝を抜かれた/埼玉で前人未到の夏5連覇/指導のあり方を考えさせられた2020年

■終章 小倉清一郎 横浜(神奈川)元部長
76歳の名伯楽が考える〝引き際〟/〝瞬間湯沸かし器〟が絶対に口にしないNGワード/今も健在の「小倉ノート」/小倉清一郎が絶賛する24歳の若き指導者/黄金時代を築いたスカウティング/名将・渡辺元智監督との微妙な関係/100年に1回でいいから、雲の上から見てみたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る