【発売情報】「斉藤和巳 エースの銀言」(2021/1/14)

斉藤和巳
三栄書房
1650円

沢村賞2回、最多勝2回、生涯勝率7割7分5厘を獲得した、一番負けない投手が教えてくれる「人生のディフェンス力と心のスタミナ」

〝球春〞という文字を見ると、真新しいユニフォームを着た球児たちの掛け声が聞こえてくる。

緑が芽吹き始めた土手の景色、完全には乾ききっていないグラウンドと土の匂い、ランニングを始めた選手たちのかすかな白い息、そして陽のあたる場所から立ちのぼる水蒸気。

野球という競技の、クライマックスへ向けた序章が〝球春〞なのである。この日本独特の表現は、日本人の五感を刺激し、そして内なる興奮を高めてくれる。正岡子規が「春風や まりを投げたき 草の原」(筆まかせ・明治23 年)と詠んだように、野球好きは春になったら、まり(ボール)を投げたくなるもの。子規が生きた時代と現代では環境に大きな差があるかもしれないが、それでもボールを投げて、打って、走ってみたくなるのは、明治時代に野球というスポーツがわが国に紹介されて以降、多くの日本人の遺伝子に組み込まれた本能のようなものなのだ。

(本書「はじめに」より)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る