【発売情報】「詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間」(11/21/2020)

長谷川晶一
インプレス
2200円

今も語り継がれる世紀の名勝負
総勢50名の証言で紐解く史上最高の日本シリーズ

1992年、93年と2年間にわたって激闘が繰り広げられた西武ライオンズとヤクルトスワローズの日本シリーズ。
現役時代は互いに名捕手として鳴らし、監督としても名采配を振るっていた西武・森祇晶監督とヤクルト・野村克也監督が、「キツネとタヌキの化かし合い」と称される息詰まる頭脳戦を展開した。
また、西武には石毛宏典、辻発彦、秋山幸二、清原和博、工藤公康、渡辺久信、ヤクルトには古田敦也、池山隆寛、広沢克己、飯田哲也、川崎憲次郎、高津臣吾らが揃い、球界最高峰の対決を見せた。

野村克也氏の生前の証言も収載し、森vs野村の究極の頭脳戦に迫る。
プロ野球史に燦然と輝く2年間の激闘を、四半世紀の時を経て、総勢50名の当事者たちの証言で振り返るノンフィクション。

目次】
序章 決戦前日「キツネ」と「タヌキ」の化かし合い
【第一部 1992年――始まりの秋】
第一章 王者と挑戦者
第二章 激戦の幕開け――10月17日 第一戦
第三章 王者の風格――10月18~22日 第二戦、三戦、四戦
第四章 弱者の兵法――10月23~25日 第五戦、六戦
第五章 詰むや、詰まざるや――10月26日 第七戦
【第二部 1993年――再びの秋】
第六章 それは、「わずか一勝」の差なのか?
第七章 成熟のとき――10月23~24日 第一戦、二戦
第八章 野村の洞察、森の戦慄――10月26~27日 第三戦、四戦
第九章 王者の底力――10月28~31日 第五戦、六戦
第十章 47時間13分、決着のとき――11月1日 第七戦
【第三部 2020年――それぞれの秋】
第十一章 王者たちのその後
第十二章 ID野球継承者たちのその後
終章 野村克也、逝く……

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る