「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 11月号」

「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 11月号」

「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 11月号」

・ベースボール・クリニック編集部
・ベースボール・マガジン社
・930円

内容紹介

今号の特集テーマは「投手の“謎”を徹底解剖!」。
NTT東日本の安田武一コーチが投球の組み立て論を、野球解説者の藪恵壹氏が投球フォームを分かりやすく解説します。
また、Baseball Laboratoryではボールが変化する仕組みを「球速」「回転スピード」「回転軸の向き」から分析。
球質改善の大きなヒントになるはずです。
最先端の野球 科学的データが導く野球の新常識でも「ピッチントンネル」の概念を紹介し、
対打者において持ち球の効果を最大化する考え方を学びます。
また、現場からの声は「時短練習のススメ」をテーマに
夏の東東京大会準優勝の小山台高・福嶋正信監督と今春センバツ出場の伊万里高・吉原彰宏監督に話を聞きました。
甲子園の戦いを振り返る監督の目は夏の甲子園注目カード、3回戦の金足農対横浜を取り上げます。

[特集]フォーム、配球術、変化球の質向上……投手の“謎”を徹底解剖

投球の組み立て考
安田武一◎NTT東日本コーチ

U-18侍ジャパン投手連続写真解説
吉田輝星[金足農高]/柿木連[大阪桐蔭高]/渡邉勇太朗[浦和学院高]
解説・藪 恵壹◎野球解説者

Baseball Laboratory~野球研究室を行く~[7]
「各球種の運動学的特徴と投球フォームとの関係」~球速、回転スピード、回転軸の向きから~
永見智行◎北里大学講師

最先端の野球 科学的データが導く野球の新常識[3]~Innovative Baseball with science~
球種を生かすピッチトンネルの概念
神事努◎國學院大學准教授

甲子園「監督の目」~そのときベンチは~
第100回全国高校野球選手権記念大会3回戦
金足農vs横浜
中泉一豊◎金足農高監督
平田 徹◎横浜高監督

現場からの声「“時短”練習のススメ」
福嶋正信◎小山台高監督
吉原彰宏◎伊万里高監督

指導者・選手・保護者間のコミュニケーション力を高める新ツール
「チーム力アップにteamnoteでできること」
指先・手首の機能を高めるハイゴールド「GOD Finger」

(引用:Amazon)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る