【発売情報】「確執と信念 スジを通した男たち」(2022/4/17)

松永多佳倫
扶桑社
2200円

Amazonで見る→

【内容紹介】

門田博光、江夏豊 田尾安志 谷沢健一 広岡達朗 etc.
嫌われ、衝突し、裏切られ……それでも己を貫いたレジェンドが明かす“プロ野球界の裏側”

華々しく見えるプロ野球界においても、好成績を残したからといって必ずしもフロントやコーチ、監督になれるわけではない。サラリーマン社会と同様、擦り寄り、迎合することが球団に残る一番の近道と言われ続けている。だが、かつては理不尽な物事に対して己を貫き、正々堂々と立ち向かう選手たちがいた。

己の正義を貫くことで、疎んじられもした。監督と衝突し、チームを追われたこともあった。メディアとの対立で虚像を語られることもあった……。けれど、自分を貫いた男の元に、最後には必ず人が集まってくる。そんな、矜持を持ち続けてサムライのような生き方をしたプロ野球選手たちを徹底取材。生きづらい世の中だからこそ胸に刻むべき「漢の生き様」を深掘りする。

【目次】

1章 門田博光
奇才と孤独
〜稀代の豪打者が抱える“19番”への恩讐〜

2章 田尾安志
衝突とプライド
〜天才打者が選んだ「新設球団 初代監督」の道〜

3章 広岡達朗
反骨と改革
〜プロ野球界に68年身を置く男の矜持〜

4章 谷沢健一
派閥と人徳
〜“ヤザワ”と中日ドラゴンズ〜

5章 江夏豊
義理と器量
〜裏切られ続けた史上最高左腕〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る