【発売情報】「白球の『物語』を巡る旅」(2021/8/26)

「白球の『物語』を巡る旅」

増淵敏之
大月書店
1980円(Kindle版:1584円)

ベースボールはなぜ戦後も野球と呼ばれ続けたのか。そこには地域と野球の密接な結びつきがあった。伝説の投手沢村栄治、今も都市対抗野球に名を残す久慈次郎、幻の企業チーム別府星野組など戦前戦後の野球にまつわる「聖地巡礼」を通し、野球と地域の関係性を考察する。

はじめに
1章 地域と野球の関係性
2章 北海道・岩手―スタルヒン、久慈次郎の足跡
3章 福島―野球熱でつながる常磐炭鉱と磐城高校
4章 東京―大学野球の源流を辿る
5章 三重・京都―戦火に散った伝説の大投手・沢村栄治
6章 和歌山―全試合完封で甲子園を制した嶋清一の故郷を訪ねて
7章 兵庫・大阪―知られざるスタジアムの歴史
8章 兵庫(淡路島)―阿久悠と『瀬戸内少年野球団』に見る離島の野球文化
9章 大分―幻の企業チーム「別府星野組」
10章 香川―永遠のライバル・水原茂と三原脩の物語
11章 沖縄―戦争に翻弄された沖縄球児と島田叡の功績
12章 台湾(嘉義)―日本が持ち込んだ台湾野球の黎明期
13章 中国(大連)―大連満州倶楽部と大連実業団がしのぎを削った時代
おわりに

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る