【発売情報】「経営の正解はすべて社員が知っている」(2021/2/10)

・山室晋也
・ポプラ社
・1650円(Kindle版 1650円)

プロ野球球団・千葉ロッテマリーンズは2014~2019年の6年で球団創立以来最多観客数を達成し、2018年には球団史上初の単体黒字を達成した。その立役者となったのが、前・球団社長の山室氏だ。
山室氏はみずほ銀行での17期中15期の総合成績優秀賞獲得などの突出した実績から「リアル・半沢直樹」とも言われ、千葉ロッテマリーンズ社長就任後はチームの成績が6年間でAクラス2回(4,3,3,6,5,4位)ながら、スポンサー獲得・ファンサービス、球団職員の意識改革などで、前述のように観客動員数と売上・営業利益を改善&過去最高を達成した。
本書は山室流の経営改革を記したビジネス書。人気がない、やる気も低い、パフォーマンスも低い組織を立て直した山室氏の手法は、多くのビジネスパーソンに参考になるものである。

<もくじ>
序章 ダメ銀行員がなぜ球団社長になったのか
第1章 組織の「内情」を知る
第2章 組織を「導く」
第3章 全方位を「お客さま」と考える
第4章 「経営」の視点を持つ
第5章 数字を読み、利益を生み出す
第6章 「ビジネススキル」以前に「人間」を磨く

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る