【発売情報】「少年野球児典」(2020/7/31)

・年中夢球
・日本写真企画
・1650円

少年野球を楽しむすべての人のバイブル

野球用語から心構え、こころに響く言葉まで家族で一緒に考えるからみんなで野球が好きになる

SNSで60,000人のフォロワーを持つ年中夢球氏が一番作りたかった本が完成。
少年野球に関するあらゆる言葉を解説する、今までにありそうでなかった一冊。
【本書の内容】
第一章 野球用語辞典
「はじめたばかりの人も、野球に詳しい人も、もう一度基本用語を学びましょう。意外と間違えて覚えていることもあります」

第二章 少年野球の心構え
「プレーが上手なら後はどうでいい、なんてわけがありません。野球をやることで身に付くことはたくさんあります」

第三章 役割を知ると野球がもっと面白くなる
「野球にはそれぞれの場面で、それぞれの果たすべき役割があります。野球がもっと面白くなるポイントを挙げてみました」

第四章 親子で学ぶ 野球を通じて成長できる20の言葉
「野球を通じて得たことは、大人になっても活かされるものです。野球を通じて親子が成長できるのが一番です」

第五章 親が子供にできること 子供がやるべきこと
「少年野球の期間は、濃密で貴重な時間になります。子供ができることって何か、親が子供にできることは何か考えてみましょう」

第六章 野球の言球
「言葉には不思議な力が宿っていると言われています。野球でも心に留めておきたい言葉がいくつもあります」
あるある野球児典
「辞書には載らない野球の俗語(?)を集めてみました。野球を始めたらよく聞く言葉ばかりを選んでいます。ここが一番オモシロイ(笑)」

球場へお手伝いに行ったお母さんにとって、監督やコーチ、選手が交わす言葉はなかなか意味がわかりません。でも「せっかくチームに入ったから家族で楽しみたい! 」という方向けに、野球にまつわる400以上の言葉をピックアップ。野球講演家として全国を飛び回っている年中夢球さんが自らの言葉でやさしく解説していきます。

子供の頃に野球をやっていて、野球のことには自信があるというお父さんも、実はよくわかっていなかったルールや用語があったりして、お子さんに質問されてあいまいに答えていませんか? そんなモヤモヤも解消します。

そして何より、夢を見て野球に取り込む子供さんには、年中夢球さんのこころに響く言葉で、野球の楽しみ方からなぜ挨拶をしなければいけないのか、さらには気持ちの持ち方までを丁寧に伝えていきます。当たり前に野球ができる環境に感謝しながら、自分で考えて行動していく力を野球で身に付けるためのヒントが満載です。

そして、年中夢球さんが選んだ、子供だけのものではなく、親はどうあるべきかも記していますから親子で一緒に考えることができます。そうすれば以下の5つの力が身に付きます。
【感考力】
選手自らが感じ、考える力が身に付きます。
【考動力】
人に言われてではなく自分で考えて動く力が身に付きます。
【成信力】
くじけそうになっても成功を信じる力が身に付きます。
【配意力】
目配りや気配りできる力が身に付きます。
【感謝力】
本当の意味で「感謝」する心が身に付きます。

野球の技術は、野球をやめてしまえば必要なくなりますが、これらの5つの力は、その後の人生でも大切な力となって子供を助けてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る