【発売情報】「信じる力」(2020/7/22)

持丸修一
竹書房
1980円(Kindle版 1980円)

かつて“鬼の持丸”と呼ばれた男が、約50年に及ぶ指導者人生で辿り着いたのは、「選手たちを信じる」ことだった。
「高校野球は子どもがやるもの」という信念のもと、2015年夏はほぼノーサインで戦国千葉を制覇。
竜ケ崎一、藤代、常総学院、専大松戸、率いた4校すべてを甲子園に導いた名将の、信頼を育む指導論

著者は、以下のように述べている。
ありがたいことに、指導した4校すべてで甲子園に出場することができた。
なぜ、すべての学校を甲子園に導くことができたのか――。
本書では、竜ヶ崎一、藤代、常総学院、専大松戸におけるチーム作りを振り返りながら、高校生の心を育むために実践してきた指導法や、生きるうえで大事にしてきた格言や考え方を紹介していきたい。
若い人たちからすれば「時代が違う話でしょう」と感じることもあるかもしれないが、長く生きてきた年長者の言葉として、受け止めてもらえるとありがたく思う――本文より

・大学時代に出会ったのちの名投手コーチ・小谷正勝氏
・指導者人生を変えたコーチの金言――選手を使ったのは誰なんだ?
・名将・木内幸男を抜きにしては語れない野球人生
・木内マジックとは何か――?
・天狗にも生意気にも謙虚にもなれる甲子園
・フルカウントからの奇策で常総を下す
・インコースを攻められなければ常総打線は抑えられない
・夏を見越してあえて負けた春
・自宅の庭で燃やした20数冊の野球ノート
・1点差試合に見る常総学院の強さ
・甲子園に行けなかったからダメなわけではない
・投手力だけでは夏の千葉は勝ち抜けない
・千葉に来てから気を配ったブロックサイン
・人の心は騙せても自分の心は騙せない
・ホームランを打った主軸打者を怒った理由
・優勝のたびに「信じる力」の大事さを実感
・選手を育てる極意など存在しない
・エースや4番こそ厳しく叱る
・美馬学 「このボールならプロに行けますか?」と聞いてきた男
・上沢直之 入学時から「何があってもプロに行かせる!」と指導
・高橋礼 高3夏ベストボールでサヨナラ負け
・人の価値観は違うのが当たり前
・周りではなく、自分自身の意識を変える
・監督生活の終わり方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る