日本プロ野球育成新論 三軍制が野球を変える

大道典良
徳間書店
1265円

千賀滉大、甲斐拓也、周東佑京はなぜ育成選手だったのか。
福岡ソフトバンクホークスの育成システムを現役コーチが明かす!
ホークス自慢の三軍制の役割とは⁉
ホークスファンだけでなく、プロ野球ファン必読の一冊。

福岡ソフトバンクホークスでは、千賀選手や甲斐選手、周東選手ら育成出身の選手がチームの中心を担い、活躍している。
また、メジャーのドラフト1巡目で指名された高校生(カータースチュワート・ジュニア)もホークスと契約。前例のないチャレンジに取り組んでいる。
さらには、新たに三軍の創設を考える球団も後を絶たない。その一方、ドラフト上位指名選手でも数年で戦力外となることも多い。
もはや、ドラフト指名選手だけが活躍する時代ではなくなってきているのが現状だ。

はたして、日本プロ野球の育成システムに何が起きているのか。
日米で育成システムを学び、それを現場で実践している大道典良(現・福岡ソフトバンクホークス二軍打撃コーチ)が、その違いを指摘するとともに、育成制度の現状とこれからを語る。

第一章 名門復活を現実にした王監督と三軍制の導入
第二章 育成選手の活躍に必要なのは「一芸」「環境」「運」「指導者」
第三章 これからのホークスを担う育成出身選手たちの軌跡
第四章 日本とアメリカで学んだ私の育成コーチング理論

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る