・山室寛之
・新潮社
・1674円

南海・阪急の衝撃的な身売り、そして伝説のロッテvs近鉄「10・19」──
球史に残る、昭和最終年のシーズン舞台裏!!

リーグ制覇は共に10回、日本一は3回と2回。
阪急・南海という、名門球団の電撃的な身売りの裏では、メインバンクの特命チームによる水面下の秘密交渉があった。
そしてペナントレースも終盤、ロッテとのダブルヘッダーの結果如何で、近鉄の優勝が左右される事になった88年のパ・リーグ。その激動の舞台裏を、新証言と資料で綴る。

■プロローグ 1988年10月19日
いざ決戦!
川崎球場へ向かう近鉄ナイン
異常気象が続いた「昭和最後の夏」
重なった電撃発表
球界が激変した1988年

第1章 「福岡にプロ野球を! 」10・19の序曲・球団誘致活動
川崎「劇場」となった10・19
福岡にプロ野球チームを!
稲尾和久の福岡誘致への思い
「カープ応援歌」が市民球団創設論文を呼ぶ
ロッテが福岡に来る!?
球団買収へ動き始めたダイエー、ほか

第2章 無敵の若鷹軍団を創った中内功の野球熱
平成最後の日本一
「プロ野球の球団を持ちたい」
甲子園50万席を狙え!
スーパー業界の苦悩が続く1974年
「やきゅうは西武、買い物はダイエー」
鈴木啓示と中内の投手論、ほか

第3章 ロッテ、阪急、南海──水面下で進む駆け引き
ダイエーの買収先に南海浮上
中内と福岡市長の極秘会談
ダイエー・ロッテの破談
ロッテ交渉打ち切りの背景
宮古島の雑談から派生した阪急身売り
放たれた特大スクープ、ほか

第4章 一筋縄では進まない球団買収を巡る虚々実々
巨人軍オーナーの爆弾発言
オーナー宅で緊迫の記者会見
「囲み取材」の天国と地獄
「九州へ移ることがリーグのためになる」
「やっぱり嘘はいかん」
南海が「中内と手を握った」瞬間、ほか

第5章 パ・リーグ最古球団、阪急の終幕
球団売却最終ライン10・21
身売りをいつ発表するか
阪急身売りを中内が知っていたら……
パ・リーグ終盤の日程変更
近鉄、驚異の快進撃
闘将上田の「知」と「情」、ほか

第6章 そして迎えた、伝説のダブルヘッダー
壮烈なドラマ第1戦
9回二死から夢つながる
阪急身売り発表
「大事な時に……選手やファンにすまない」
冒頭から波乱含みの第2戦
CMなし野球中継続行
ロッテ、非情の抗議
1日だけのフィールド・オブ・ドリームズ、ほか

あとがき
関連年表
1988年公式戦出場選手生涯記録
参考文献

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る