「スポーツは民主主義のバロメーター」

「スポーツは民主主義のバロメーター スポーツで読み解く競争社会の本質」

・杉崎隆晴
・ロギカ書房
・2808円

内容紹介

安倍内閣が誕生したが、政治における競争(政策提案競争)は実質的に機能していない。日本は、北朝鮮や中国とは違い、民主主義社会なので、どの提案を採用するかは「政策論争」という競争を行い、その競争の勝敗ルールである多数決を通して決められなければならないはずである。

国会の議論を聞いていると論争になっていない。時間を埋めるだけの討論で、本当の議論ができていない。典型的な例が安保法制の議論である。公聴人がすべて違憲としたにもかかわらず、その後の国会討論が議論になっていない。そして、政治的混乱が続いている。

本書は、民主主義社会において議論を展開するには「何が必要か、何が足りないのか、日本文化のどこを変える必要があるのか」を、スポーツにおける「競争の本質」をキーワードに論じている。

さらに、ウクライナ危機、トランプ現象、北朝鮮問題といったルール無視の事態が頻発している国際社会において、スポーツの国際化というテーマの分析を加えることによって、国際社会のルール作りに新たな視点を提示している。

(引用:Amazon)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る