「Baseball Clinic(ベースボールクリニック)2018年 09月号」

「Baseball Clinic(ベースボールクリニック)2018年 09月号」

・著者:ベースボール・クリニック編集部
・出版社:ベースボールマガジン社
・価格:930円

 

内容紹介

 

特集のテーマは「内野守備」。源田壮亮(現・西武、17年ドラフト3位入団)、藤岡裕大(現・ロッテ、18年ドラフト2位入団)を続けてプロへ送り出し、3年目の北村祥治が社会人日本代表に欠かせない存在になるなど、内野手の育成で実績を挙げるトヨタ自動車の秘訣を探るべく、北村選手と内野守備を担当する乗田貴士コーチに話を聞いた。

また、新チームの第一の課題となる投手育成のヒントとするため、現場からの声では「実戦に向けたエース育成法」として、今夏の南埼玉大会ベスト8で投手育成に定評のある川口市立高・長井秀夫総監督とプロ注目の右腕・佐藤亜蓮を擁して今春センバツ出場の由利工高・渡辺義久監督に指導法を尋ねた。さらに、科学的に投球を考察するべく、Baseball Laboratoryでは制球のズレの傾向から最適な配球をシミュレーションしたほか、新連載「科学的データが導く野球の新常識」の初回テーマで「直球の質」の正体に迫った。

[特集]
トヨタ自動車に学ぶ内野守備上達の法則
Player’s Advice/選手の視点
北村祥治内野手
My Coaching Point/指導者の視点
乗田貴士コーチ

知っておきたいグラブの知識/久保田スラッガー

[食習慣再考]
食のキホン「五大栄養素とその働き」
野球食レパートリー[125]/海老久美子

[投手力向上特別企画]
Baseball Laboratory~野球研究室を行く~[5]
進矢正宏◎広島大学准教授
「投球誤差分布を考慮に入れた投手の配球シミュレーション」

現場からの声
「ピンチに強い投手の特徴」
長井秀夫◎川口市立高監督
渡辺義久◎由利工高監督

[新連載]最先端の野球
科学的データが導く野球の新常識~Innovative Baseball with science~
神事努◎國學院大學准教授

[高校野球人口の現状と取り組み]
高校野球[硬式]加盟校数&部員数調査
野球少年を守る徳島の取り組み~野球肘検診の歴史と課題~

[高校野球“後”を考える]
Interview 中田朋輝◎広島大・投手

[フォーム連続写真解説]
投手編 定本拓真◎三重高
打者編 浦口 輝◎三重高

(引用:Amazon)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る