「鬼軍曹の歩いた道: 帝京一筋。高校野球に捧げた50年」

「鬼軍曹の歩いた道: 帝京一筋。高校野球に捧げた50年」

前田三夫
ごま書房新社
1980円
2022/7/22 発売

甲子園通算26回出場を果たした伝説の監督、初の自伝!

自らをここまで客観視できる人が、いったいどれくらい居るだろうか。
「甲子園通算51勝、3回の全国制覇」という稀代の名監督。
だが、その華々しい戦績の陰で、実はクビ寸前を2度も経験している。
孤独を深めるなかで必死にノックバットを振れば、「勝利至上主義」などといわれ苦悩した。
時にヒール役、しかし、決してブレずに挑み続ける姿は唯一無二で、魅了される高校野球ファンは多かった。
前田三夫は、本来は、ユニークで楽しい人柄なのだ。
その笑顔を封印し、「鬼」に徹した日々を、生い立ちとともに振り返ってくれた。
そこには、狂気にも似た愛と情熱が迸っている!
「こんな人生、そうはない」。
二度と出ないかも知れない「野球部監督のバイブル」。
間違いなく一読に値します。

【目次】

まえがき

第一章 若き日の記憶 1949(昭和24)年~1986(昭和61)
・実家は半農半漁。ヤンチャな前田家三男坊
・木更津中央高校時代。指導者になり生かされた挫折経験
・帝京大へ。遠いレギュラーへの道。そして覚悟を決めた。下手でもやり続ける
・帝京高校・監督に。指導者としての第一歩を踏み出す
・無名校ゆえの挑戦。「帝京」の名を売るために自腹で中学校回り
・第50 回センバツに初出場。ついに甲子園の舞台へ
・センバツ準優勝の快挙と「とんねるず」石橋のいた時代
・またもクビ寸前。「1年以内に甲子園」を突きつけられた先に、運命の出会い
・センバツ2度目の準優勝。その裏で、試合前の誤報が調子を狂わす!?
・夏合宿で監督が消えた!? 二度と使えない奥の手で選手を鼓舞
・鍛錬の場、帝京グラウンド 道具の扱いを教え、手作りグッズで練習に工夫

第二章 帝京、全盛時代 1987(昭和62)年~1995(平成7)年
・エース芝草の覚悟と、春夏連続甲子園出場
・吉岡雄二を擁し、悲願の夏初優勝。全国の頂点に
・春夏連続甲子園出場と池田との激闘
・エース三澤で初のセンバツ制覇。春夏連覇はならず
・手を焼いたヤンチャ選手。もしヤツが本気になれたなら……
・センバツ後に起きた騒動と、その裏に隠された真実

第三章 熟考の時代。求め続けたベストな指導法 1996(平成8)年~2011(平成23)年
・勝ちにこだわらないのなら、何にこだわって野球をやるの…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る