「コロナに翻弄された甲子園 名将たちが伝えたかったこと」

コロナに翻弄された甲子園 名将たちが伝えたかったこと

小山宣宏
双葉社
1870円
発売 2022/7/14

内容紹介

2020年、春夏ともに甲子園大会が中止となり、新型コロナウィルス感染拡大の影響を大きく受けた高校野球。
そんななか、名将と呼ばれる強豪校の監督たちは、選手たちに何を伝え、どう向き合ったのか。
さらに、「令和」という新しい時代を迎えて、変わりつつある高校野球の未来像にもせまる。未曽有の困難に直面した高校野球の「今」と「未来」が見える1冊。

「将来につながるための高校野球やから。
それだけは忘れんなよ」──馬淵史郎

甲子園という目標を失った球児たち。
ただ、それだけがすべてではない

未曽有の困難に直面し、
そのとき名門校8名の監督たちは──

思うように対外試合を行うことができず、自分たちの実力を見極めることができないまま、 ぶっつけ本番で大会に挑んだ時期もあった。そうした苦難を乗り越えて、いかに3年間の 高校野球生活を納得する形で終わらせたのか。(「はじめに」より)

【目次】

第1章 コロナによって変わった指導法、変わらないままの指導法
日本大学第三高等学校・小倉全由監督

第2章 「お前ら、もう甲子園はあきらめろ」という言葉の真意
龍谷大学付属平安高等学校・原田英彦監督。

第3章 これからの時代は「指導者の意識改革」が必要
中京大学附属中京高等学校・高橋源一郎監督

第4章 無観客の夏の甲子園で感じていたこと
花咲徳栄高等学校・岩井隆監督

第5章 「組織力を高める方法」を模索していきたい
熊本県立熊本工業高等学校・田島圭介監督

第6章 将来につながるための野球。高校野球の目的は「人間作り」
明徳義塾高等学校・馬淵史郎監督

第7章 コロナ禍の今こそ「凡事徹底」を追求する
前橋育英高校高等学校・荒井直樹監督

第8章 「道しるべ」であるはずの甲子園大会がなくなって考えたこと
八戸学院光星高等学校・仲井宗基監督

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る