【発売情報】「奇跡のバックホーム」(2021/5/12)

横田慎太郎「奇跡のバックホーム」

横田慎太郎
幻冬舎
1540円(Kindle版:1247円)

2013年ドラフト2位指名。横田より先に指名された高校生野手は森友哉(西武1位)、渡辺諒(日本ハム1位)の2名だけ。いかに横田の評価が高かったが分かります。しかし、プロ4年目、22歳で脳腫瘍の宣告。18時間に及ぶ大手術、2年間の闘病とリハビリ、回復しない視力。
引退試合、ボールがほとんど見えないなか、プロ野球人生最後のプレーで見せた捕殺は「奇跡のバックホーム」とよばれ話題となり、多くの人に感動を与えた。

引退試合のエピソードを軸に、脳腫瘍の手術と闘病、家族・球団への感謝、これからの人生、病気と闘う子どもたちへのエールなど、2019年に引退した元阪神タイガース・横田慎太郎が自身の半生を綴ったエッセイ。
これは阪神ファンならずとも気になる一冊ですね。
横田のお父さんもロッテで活躍し、晩年は中日で過ごしていたことを思い出しました。

【内容紹介】

日々の積み重ねの姿勢とまっすぐな気持ちがみんなを動かした。
阪神にとってかけがえのない選手。
――矢野燿大(阪神タイガース監督)

横田、野球の神様って、本当にいるんだな。
――鳥谷敬(千葉ロッテマリーンズ)

【本文より】
「横田くん、言いにくいんだけど、大きな病気です」
「野球のことは、いったん忘れてください」
僕にとってそれは、死刑を宣告されたのに等しいといってもよかった。
暗い気持ちになると同時に、腹が立ってきました。
「なんでおれが……。どうしておれが野球を取り上げられなきゃならないんだ? 」

野球ができなくなったら、これから何をすればいいんだろう――
そんなことまで考えながら、ほとんど眠らずに朝を迎えました。

打球は見えていませんでした。
ボールが二重に見えるうえ、距離感がつかめない。
「これが最後のプレーかよ……」
それでも、気がつくと前に出ていた僕は、
ボールをキャッチすると大きく右足を踏み出し、
ダイレクトでキャッチャーに送球しました。

【もくじ】
■序章 神様の演出

■第1章 野球のことは忘れてください
発端は原因不明の頭痛/どうしておれが病気に……/神経には傷一本つけないでください/手術は成功したものの……/18時間の大手術/何も見えない

■第2章 遠かった甲子園
野球人生の始まり/ソフトボール漬けの小学生時代/中学で全国大会に/小さな目標をひとつずつ/すべては野球のために「/勉強しなさい」と言わなかった両親/憧れの鹿児島実業に入学/はじめての寮生活/ホームシックになる暇がないほどの練習/1年生で4番に抜擢/一度もやめたいとは思わなかった/努力することが好きだった/最後の夏、県大会決勝、9回裏/すべてはプロに行くために/指名してくれればどこでもよかった/まさかの阪神2位指名

■第3章 一軍を目指して
背番号は桧山さんの「24」/打球が前に飛ばない/6本塁打でも実力不足を痛感/予想以上に長くハードな1年目/天然でいじられキャラ/掛布さんのマンツーマン指導/雑になったこと。それが二軍落ちの原因/初の一軍キャンプ参加/開幕スタメン/一軍失格

■第4章 闘病
病室で寝泊まりしながら看病してくれた母/もう一度野球ができるかもしれない/ファンからの手紙/リハビリは「幼稚園児」の身体から/想像を絶する苦しさだった抗がん剤と放射線の治療/父の「意外な行動」に号泣「/24番をあけて待ってる」/金本監督からの差し入れ/寛解/家族なしでは耐えられなかった/僕にはもう一度プレーする義務がある

■第5章 復活を信じてもがいた2年間
再び虎風荘へ/育成契約で背番号「124」に/ランチ特打で突然流れた『栄光の架橋』/矢野監督の言葉/阪大病院を訪問/目の状態だけが回復しなかった/今年でやめます

■第6章 奇跡のバックホーム
異例の引退試合/プロ6年間のベストプレー/僕と母だけに聞こえた音楽/想定外が重なって生まれた奇跡/神様が背中を押してくれた/24番のユニフォームに涙/とっさに言葉がわいてきた最後のあいさつ/タイガースに入団してよかった/やっと人の力になれた/ファンが後押ししてくれたバックホーム/最後に伝えたいこと

■終章 新たなプレイボール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る