「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 12月号」

「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 12月号」

「Baseball Clinic(ベースボールクリニック) 2018年 12月号」

・ベースボール・クリニック編集部
・ベースボール・マガジン社
・930円

内容紹介

冬季に突入する今号の特集テーマは「野球に通じる体づくり 強さとしなやかさの両立」。
独自のトレーニング論を構築し、今夏の甲子園に出場した高知商高(高知)と折尾愛真高(福岡)の取り組みを紹介します。
高知商高はピリオダイゼーション、折尾愛真高は夏休み期間中の練習が特徴的です。
第2特集は「投手の障害予防」。
投球数制限について議論が沸く中、現場からの声では「球数制限と投手育成」をテーマに
ピッチスマートを導入する市ケ尾高・菅澤悠監督とLiga Futuraというリーグ戦に参戦している門真なみはや高の川村大輔監督に話を聞きました。
また、大会へのルール導入を進めるポニーリーグの手法を紹介。
さらに医師の視点から投手の障害予防に有効な「投球障害リスクのペンタゴン」の考え方について、
野球外来ドクターの馬見塚尚孝ドクターに提言をいただいています。

(引用:Amazon)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る