【発売情報】「荒木大輔のいた1980年の甲子園」(2018/7/5)

・元永知宏
・集英社
・1540円

第100回大会を迎える夏の甲子園。

1980年、その第62回大会で背番号「11」をつけた早稲田実業の1年生投手、荒木大輔が旋風を巻き起こす。準決勝までの5試合を無失点に抑える快投を見せ、惜しくも優勝は逃したものの、全国の野球ファンを魅了した。

あの夏、世の中は荒木大輔を中心にまわっていた。
日本中で「大輔ギャル」が悲鳴をあげ、その熱狂は高校野球を超えた社会現象となった。

早実のエースとなった荒木は、春のセンバツを含めて5大会連続での甲子園出場を果たす。

なぜ、荒木の早実は東京で負けなかったのか。
なぜ、全国の頂点に立つことはできなかったのか。

あまりに有名でありながら、その内実は知られていない2年半の出来事を、荒木大輔本人と関係者たちに取材。

荒木と公立中学で同級生だった宮下昌己(元中日)、早実のチームメイトだった佐藤孝治と石井丈裕(元西武)、東東京でしのぎを削った二松學舎大附の市原勝人をはじめ、甲子園で戦った愛甲猛(元ロッテ)、金村義明(元近鉄)、川相昌弘(元巨人)、三浦将明(元中日)、畠山準(元南海)、さらにプロで荒木を迎えた早実の大先輩・大矢明彦などの貴重な証言により、当時の状況が明かされていく。

高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る圧巻のスポーツ・ノンフィクション。

【目次】
第1章 世界一の少年 リトルリーグ世界大会優勝
第2章 降臨 背番号11の1年生エース
第3章 惜敗 力を出し切れなかった優勝候補
第4章 圧倒 東京では負けなかった早実
第5章 破壊 すべてを失った最後の夏
第6章 憧れ 荒木大輔になれなかった男
第7章 決断 ドラフト1位でスワローズへ
第8章 復活 右ひじ手術からの日本一
第9章 その後 甲子園のアイドルのいま

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る