【発売情報】「ゆけゆけ! 「無敵バッテリー」 野球の超正論」(2020/12/16)

江本孟紀 (著), 里崎智也 (著)
徳間書店
1650円(Kindle版:1485円)

コロナ禍のプロ野球界にあの無敵バッテリーが再びハッパをかける!
球界への忖度ゼロ!
スポーツマスコミから嫌われる勇気たっぷり!
両雄の強烈舌鋒満載でお届けします!!

<本書で語られた仰天情報の数々>
・ワースト記録更新の日本シリーズを叱る
・脱「パ高セ低」には金満補強しかないのか?
・野球解説者の仕事も緊急事態宣言だった!
・「放送席の声が丸聞こえだ! 」某監督の苦情
・ロッテ集団感染と解説者のバイキン扱い
・なぜ大城が巨人の正捕手に定着できたのか
・阪神選手は「エラーは恥」と思っているか?
・関西マスコミは阪神のタニマチか?
・DeNA低迷の元凶はラミちゃんだった!
・広島は「万年Bクラス時代」に戻ってしまった
・山田哲人はヤクルト残留を決めたものの…
・柳田とバレンティンのソフトバンク明と暗
・とうとう栗山野球の限界がやって来た
・日ハムの清宮になくて巨人の岡本にあるもの
・オリックスが関西で勢力拡大の謎
・澤村を見よ、藤浪も阪神を出よ!
・広島とヤクルトはトレードに積極的じゃない
・交流戦はセ・リーグを食って貯金だ!
・ドラフトで騒がれたあの選手はどこへ?
・スカウトは「好み」と「ミーハー」で獲る
・大野雄大はなぜFAを行使しなかったのか
・メジャー挑戦したら日本に3年戻れなくせよ
・天才同士の応酬「長嶋&松井リモート指導」
・「史上最大の下克上」から10年
・ノムさんが不在でも野球は続く…ほか

<目次>
序章 ワースト記録更新の日本シリーズを叱る

第1章 プロ野球VS新型コロナウイルス
◆感染危険地帯はグラウンドの内か外か?
◆無観客試合を経て野球観戦は劇的に変わる! ほか

第2章 巨人独走を許したセ5球団の罪
◆巨人の全権を握った原監督はリーグ無敵だった!
◆危うしDeNA投手陣 広島は暗黒時代に逆戻りほか

第3章 誰がソフトバンクを止められるんだ?
◆数の論理が奏功するソフトバンクの分厚さ!
◆選手は獲るが使えぬ楽天 栗山政権交代近しほか

第4章 トレードが野球を面白くするのだ
◆巨人からロッテへ 澤村のトレードに学ぶ
◆セ・パ交流トレードで成功する人、しない人ほか

第5章 ドラフト・FA・ポスティングに物申す
◆野球、本当にわかってる? スカウトの着眼点
◆それでもメジャーに行きたいか? ほか

第6章 スポーツマスコミから嫌われる勇気
◆球数制限の問題は結局どう落着したんだ?
◆アホみたいに練習をした経験で物を言え! ほか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る