「野球を裏切らない――負けないエース 斉藤和巳」

・元永知宏
・1944円
・インプレス

内容紹介

2000年代No.1投手は、松坂大輔でもダルビッシュ有でも田中将大でもない。
斉藤和巳だ――。

1995年ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団した斉藤和巳。
しばらくは二軍生活が続いたが、2000年から徐々に一軍での登板機会が増えていく。

2003年には開幕投手を務めるなど先発ローテーションに定着し、20勝3敗。
最多勝・最優秀防御率・最高勝率・ベストナイン・沢村賞など
タイトルを総なめにする圧巻の活躍を見せ、チームのリーグ優勝、日本一に貢献した。
2005年は16勝1敗、2006年は18勝5敗で投手5冠に輝くなど、
「負けないエース」として圧倒的な数字を残し、マウンドに君臨した。

しかし、その後は度重なる肩の故障に悩まされ、長期離脱を余儀なくされる。
「もう一度マウンドに戻る」という不屈の精神から、
異例の長さとなる「6年間」のリハビリ期間を懸命に過ごしたが、
とうとうマウンドには戻ることはできず、2013年に現役を引退した。

斉藤和巳本人へのロングインタビューを軸に、
王貞治、尾花髙夫、白井一幸、小久保裕紀、林孝哉、的場直樹、杉内俊哉、
さらにはアマチュア時代の恩師や両親、リハビリ期間の恩人など、
多くの関係者の証言をもとに、その鮮やかな野球人生の軌跡を追った。

なぜ、斉藤和巳のピッチングは今もなお野球ファンの心に深く刻まれ続けているのか――。
最強投手の知られざる真実に迫った渾身のノンフィクション作品。

【目次】
1章 地獄へ続く敗戦
2章 野球少年の夢
3章 未完の大器
4章 ドラフト1位の最後の夏
5章 初めての右肩手術
6章 人生の師との出会い
7章 沢村賞投手が覚醒するまで
8章 初めての開幕投手
9章 松坂世代へのジェラシー
10章 負けないエース
11章 最高のバッテリー
12章 燃え尽きた試合
13章 アナザースカイ――アリゾナの空
14章 最後のマウンド
15章 野球を裏切らない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る