「紡がれる100の歩み 名将たちが語る「これから」の高校野球 ~伝統の継承と革新~」

「紡がれる100の歩み 名将たちが語る「これから」の高校野球 ~伝統の継承と革新~」

・著者:大利実
・出版社:インプレス
・価格:1620円

内容紹介

 

記念すべき第100回大会を迎えた夏の高校野球。
全国の伝統校・実力校の監督が描く、高校野球の未来とは――。

大正、昭和、平成と、3つの元号とともに歴史を重ねてきた高校野球。
時代が変われば、人の価値観も、社会が求める人間像も、高校生の気質も変わる。
それに伴い、監督の指導方法も変わっていく。
かつては、「トップダウン」「スパルタ」「理不尽」が当たり前の世界だったが、近年は「自立」「ボトムアップ」「主体性」「対話」という言葉がキーワードに挙がるようになった。

時代が変わっても、変わらずに大切にすべきこともあれば、時代の変化に応じて、変えていかなければならないものもある。「不易流行」という考えもあれば、「温故知新」という考えもある。

本書に登場するのは、甲子園の歴史を築いてきた伝統校、そして新しい歴史を創ろうとしている強豪校の監督たち。

高校野球の「過去」と「今」を知る監督たちは、「これから」に向かってどのような道を歩んでいくのか。
それぞれの想いに迫った――。

-目次-

■吉井理人(北海道日本ハムファイターズ)
■和泉実(早稲田実業)
■原田英彦(龍谷大平安)
■小林徹(習志野)
■森林貴彦(慶應義塾)×平田徹(横浜)
■斎藤智也(聖光学院)
■中井哲之(広陵)
■鍛治舍巧(県岐阜商)
■原田一範(弘前学院聖愛)
■古城隆利(日本体育大)

(引用:Amazon)

関連書籍

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る