「あの夏 (上) 甲子園の魔物と神様」

あの夏 (上) 甲子園の魔物と神様

・著者:朝日新聞スポーツ部
・出版社:朝日新聞出版
・価格:1836円

内容紹介

 

朝日新聞で2014年から連載が始まった「あの夏」の待望の単行本化。
逆転本塁打、サヨナラ、敬遠、奇跡、涙そして歓喜……。
スポーツ部記者が足で稼いだ選手や監督らの証言を紡ぎ、かつての名勝負がよみがえる。

内容
1、松井5敬遠 9回2死の祈り 1992年2回戦明徳義塾-星稜
2、「当たった」突然の幕切れ 991年3回戦松商学園-四日市工
3、栽監督、情熱と葛藤のノート 1991年決勝大阪桐蔭-沖縄水産
4、創部4年目 奇跡の快進撃 1949年決勝湘南-岐阜
5、バンビ15歳 きらめいた 1977年決勝東洋大姫路-東邦
6、あと27メートル 逃した東北の夢 1989年決勝帝京-仙台育英
7、野球の神様 打たせた満塁弾 1994年決勝佐賀商-樟南
8、「奇跡」20年 三塁走者の再起 1996年決勝松山商-熊本工
9、想像超えた 2度の大逆転 2006年準々決勝智弁和歌山-帝京
10、またも逆転満塁弾 2007年決勝佐賀北-広陵
11、9回2死「奇跡」は始まる 2009年決勝中京大中京-日本文理
12、深紅の大旗 沖縄へ渡った 2010年準決勝興南-報徳学園
【特別編】転倒 そして物語は続いた 1979年3回戦簑島-星稜

(引用:Amazon)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る