「ベースボールマガジン 2018年07月号 特集:埼玉西武ライオンズ40周年黄金の記憶」

「ベースボールマガジン 2018年07月号 特集:埼玉西武ライオンズ40周年黄金の記憶」

・著者:ー
・出版社:ベースボール・マガジン社
・価格:1030円

私のお父さん世代にとっての最強チームが「V9時代の巨人」であるとすれば、40代の私世代にとっての最強チームは「森監督時代の西武」だろう。グレーゾーンを果敢に攻めたスカウティングと1球団だけ違う競技を行なっているような緻密な野球。あの頃、日本シリーズといえば、平日の昼間に行われ、場所は西武球場、そして最終的に西武が優勝するというイベントだったような気がする。そんな「あの頃」が詰まった一冊。中日ファンの私にとっても気になる一冊だ。(編集長KN)

 

内容紹介

(引用:Amazon)

埼玉西武ライオンズ40周年

黄金の記憶

[カラーグラビア]
40年の軌跡
獅子の記憶

7大インタビューⅠ
森 祇晶[元西武監督ほか]
「育てながら勝つ」

7大インタビューⅡ
秋山幸二[元ソフトバンク監督] 「あのバック宙で世間から注目されたかな」

CLOSE-UP
工藤公康[ソフトバンク監督] 「8戦シリーズ、分水嶺」

7大インタビューⅢ
辻 発彦[西武監督] 「隙あり!伝説のホームイン」

CLOSE-UP
清原和博[元西武ほか] 「常勝西武の四番打者」

7大インタビューⅣ
伊東 勤[元西武監督ほか] 「消えたレオマーク」

7大インタビューⅤ
松井稼頭央[西武/外野手兼テクニカルコーチ] 「外から見れば『嫌なチーム』」

CLOSE-UP
松坂大輔[中日] 「99年の記憶を背負って」

7大インタビューⅥ
伊原春樹[元西武監督ほか] 「適材適所でV、そして伝説の走塁」

7大インタビューⅦ
片岡治大[巨人二軍守備走塁コーチ] 「ギャンブル成功せり」

埼玉西武ライオンズ
40年史
1979-1985 1986-1994
1995-2007 2008-2018

意匠学研究
外国人選手列伝

[モノクロ]
[1983年の西武ライオンズ]
広岡達朗の本懐
打倒巨人なる!

歴代主要人物 移籍図鑑

記念イヤー戦力分析
1988〜10th ANNIVERSARY
1998〜20th ANNIVERSARY
2008〜30th ANNIVERSARY
2018〜40th ANNIVERSARY
打線比較
投手比較
歴代球団記録&各部門トップ5ランキング
レオの”勝負師”列伝
10大事件簿
[1990年日本シリーズ]
「野球観が変わった」の真実
岡崎 郁[巨人スカウト部長]
レオの変則サウスポー列伝
[完全保存版]
一軍出場全選手写真名鑑
背番号の系譜

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る