タグ:竹書房

  • 【書評】「信じる力」

    かつての「鬼」も今は気さくな名指導者 これまで監督として指導してきた、公立高校2校を含む4校を甲子園に導いた実績を持つ持丸修一監督(専大松戸)が自身の指導者人生を振り返った本です。 4校で甲子園出場を果たし…
  • 【発売情報】「野球を科学する 最先端のコンディショニング論」(2020/8/3)

    ・笠原政志・竹書房・1980円 科学的な情報を正しく扱うことでパフォーマンスは上がる! ・球速や飛距離を伸ばすのは体重ではなく除脂肪体重・踏み込み足の膝が曲がりすぎると球速は落ちる・股関節が柔らかすぎるとラ…
  • 【発売情報】「信じる力」(2020/7/22)

    持丸修一竹書房1980円(Kindle版 1980円) かつて“鬼の持丸”と呼ばれた男が、約50年に及ぶ指導者人生で辿り着いたのは、「選手たちを信じる」ことだった。「高校野球は子どもがやるもの」という信念のもと、…
  • 【発売情報】「守り勝つ力」(7/10/2020)

    稙田龍生竹書房1980円 金属バット全盛の今だからこそ、イレギュラーマットや連続27アウトノックでアウトを取るための実戦的守備を鍛え上げる。 藤原恭大選手、根尾昂選手らを擁して「史上最強世代」と呼ばれた大阪…
  • 【発売情報】「思考破壊~超一流に勝つための流儀」(2020/7/3)

    麻王義之竹書房2035円 特殊エンドラン各種、スクイズ時のロケットスーパー、 敵を惑わすボケボケ作戦ほか、 「考える野球」の集大成を惜しげもなく披露。私は「専用グラウンドがなくても試合には勝てるよ」と選手たちに説…
  • 柔軟力

    川崎絢平 竹書房 1980円 2017年夏の甲子園ベスト8。 2019年センバツベスト4。 次は「日本一」を公言する若き指揮官は、明豊高校をいかにして九州屈指の強豪に育て上げたのか? 敗戦に学び、“今”を変…
  • 生き残る技術

    ・野村克也 ・竹書房 ・1870円 失敗と書いて、成長と読む。 失敗の原因を探り対策を練ることで、成長、進化を遂げてきた。 弱肉強食の世界で生き残るための最大の鍵は、失敗の中にあり。 著者は、以下のよ…
  • 「人生9回裏の戦い方」

    ・江本孟紀 ・竹書房 ・1980円 甲子園出場辞退、 ドラフト外からのプロ入り、 球団に反旗を翻しての退団、 国会議員としての政治活動、 突然の胃ガン宣告など、 履歴書の枠には収まり切らない 波乱万丈の人生を送っ…
  • 今月の一冊!「高校野球継投論」

    2019年7月に読んだ野球本の中から特に面白かった1冊を紹介します! (著者:大利実/出版社:竹書房/価格:1900円) 店主の感想 投手を代えて打たれれば「なぜ代えた!」と文句を言…
  • 「教えすぎない教え」

    ・岡田 龍生 ・竹書房 ・1728円 「教えすぎ」は、選手の自主性を奪う! 自分の頭で考え、行動することで、人もチームも大きく育つ。 履正社を全国屈指の強豪校に育て、4人の高卒ドラ1も輩出した、名将の…
ページ上部へ戻る