「アフリカから世界へ、そして甲子園へ 規格外の高校野球監督が目指す、世界普及への歩み」(2023/7/5)

堤尚彦
東京ニュース通信社
1760円

【読みたい度:★★★★★】
落ちこぼれ野球選手→青年海外協力隊→スポーツビジネス界→高校野球監督→甲子園出場→東京オリンピック予選ジンバブエ代表監督。
もう経歴がぶっとんでいる堤監督。以前から本を出して欲しいなと思っていたのでこれは迷わず買います!こういう人が高校野球を変えていくと思いますし、教育の現場にもっと必要だと思います!
これは期待大な一冊!

【内容紹介】
2017年夏、甲子園初出場を果たした堤尚彦監督。
2006年、おかやま山陽高校野球部監督に就任、「10年後」の目標として以下の3つを掲げている。
1.プロ野球選手を輩出する
2.甲子園出場
3.部員100人超え。その人数でも全員が練習できる環境を整える

甲子園出場には11年かかったが、見事に目標を達成し、指導者としての地位を確立した著者だが、プレーヤーとしての実績はゼロに近い。

弱小都立高校の野球部に入部し自称プレイングマネージャーを担った高校時代。大学は名門・東北福祉大学に進学するもレギュラーメンバーに選ばれることなく卒業。

が、テレビで見た青年海外協力隊でジンバブエの初代野球普及隊員の姿に憧れて、同隊に参加。アフリカの子どもたちとの交流で著者の人生は一変する。
さらに、スポーツマネジメントの世界に導いてくれた高橋慶彦氏との出会い、諸見里しのぶのマネージメントをしていた福岡でのビジネスマン時代、師と仰ぐ慶應義塾大の元監督・前田祐吉氏との出会い……と、エピソードには事欠かない。
そして2019年、東京オリンピック予選ジンバブエ監督に就任、手腕をふるった。現役の高校野球部監督が、他国のナショナルチームの指揮をとるのは日本初の試みとなり、メディアでも多く取り上げられたが、華やかな報道の裏で起こっていた高野連との数々の交渉の実態も描かれている。

Amazonで見てみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
ページ上部へ戻る