【発売情報】「プロ野球激闘史」(2020/5/27)

広岡達朗
幻冬舎
1210円(Kindle版:1089円)

巨人現役時代のライバル、西武・ヤクルト監督時代の教え子から
次世代のスター候補まで、27人を語り尽くす!

サインを覚えなかった天才・長嶋
川上監督・森との確執
天敵・江夏の弱点とは?

球界きっての理論派が語る、秘話満載の広岡版・日本プロ野球史!

【もくじ】
第1章 私を叱り、育ててくれた巨人軍
●長嶋茂雄 私を引退に追い込んだホームスチール事件
●王貞治 世界のホームラン王を育てた2人の師匠
●川上哲治 現役時代からの確執と感謝 ほか

第2章 達人たちの神業――投手編
●杉下茂 絶対ストライクゾーンに投げなかった「元祖フォークボール」
●稲尾和久 日本シリーズで巨人の伝統と誇りを粉砕した鉄腕
●金田正一 巨人ナインが“球界の天皇”を認めた理由 ほか

第3章 達人たちの神業――野手編
●吉田義男 私とは正反対だった「魅せるショート」
●張本勲 監督経験がないのが惜しい、正論を貫き続ける男
●落合博満 弱いチームの監督をして球界に革命を起こせ

第4章 西武監督時代――意識革命の主役たち
●江夏豊 プッシュバントで攻略した天敵
●秋山幸二 王と同じ日本刀の特訓で40本塁打の大爆発
●工藤公康 ドラフト会議の席で指名を決めた「坊や」 ほか

第5章 ヤクルト監督時代――“万年Bクラス”大化けの原動力
●若松勉 「缶ビール事件」で生まれ変わった小さな大打者
●チャーリー・マニエル 「二度とお前を使わない」で奮起した赤鬼
●森昌彦 選手を育てられなかった名参謀 ほか

第6章 新時代の達人候補たち
●佐々木朗希 163キロの怪物は“大谷二世”になれるか
●阿部慎之助 監督として巨人野球を厳しく教えろ
●大谷翔平 二刀流復活を阻むケガ体質と肉体改造 ほか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る