「育てて勝つ」はカープの流儀

・坂上俊次
・カンゼン
・1760円

球団創立70年
強さの礎は、いつの時代も変わらず

名選手を輩出する土壌、脈々と受け継がれる“育成術”
カープ戦実況歴20年の名物アナウンサーが徹底取材

「猛練習」「工夫」「チームワーク」「愛情」
カープはいかにして、一流選手を育て上げるのか?

球界でも定評のある
カープの育成術に迫る

これまで、カープでは多くの選手が育ってきた。ドラフト下位指名であっても、猛練習でトッププレーヤーになった例も少なくない。
外国人選手も、カープにやってきて才能が開花したケースが目立つ。 どんな人材が大きく成長するのか。
また、カープはいかにして、一流選手を育て上げるのか。その方法論に迫るのが、本書の狙いである。

1960〜70年代の猛練習。
1990年代、野村謙二郎・金本知憲、前田智徳、そして佐々岡真司が背中で伝えたプロ意識。
そこから、猛練習と工夫のハイブリッド世代。
成長に近道はあるのか、遠まわりこそ学びの要素が多いのか、はたまた第3の道があるのか。
カープの歴史を彩った指導者の話に耳を傾けたい。

【目次】
第1章
孤高ではないエース 佐々岡真司新監督の船出
大エースの静かなる船出 ──

第2章
強くて愛される投手は
コミュニケーションと
猛練習から〜安仁屋宗八〜

第3章
猛練習から見つけた
工夫と法則〜朝山東洋〜

第4章
エースを受け止める
基礎・基本・土台〜倉義和〜

第5章
野村・金本・緒方・前田……
最強攻撃陣を継承する哲学者〜東出輝裕〜

第6章
育てるチームにマッチする
スカウティング〜苑田聡彦〜

第7章
機動力野球、未来へ〜廣瀬純〜

第8章
70年の歴史を支えた
外国人選手

名伯楽の言葉
古葉竹識、長内孝、水谷実雄、内田順三、河田雄祐、三村敏之

関連記事

ページ上部へ戻る