野村克也、明智光秀を語る

・野村克也
・プレジデント社
・1430円

私の人生は弱者の人生である。私は数多くの著書を出版していただいたが、その中でわりと好きな著書に、『弱者の流儀』(ポプラ社)がある。
この著書の冒頭に「本書で伝えたいこと」という「まえがき」のような一文がある。その書き出しは、「人は皆、弱者である」から始まっている。この表現もまた私は気に入っている。

私は自慢ではないが、《野村克也?野球=0》の人間である。その私が本書では、明智光秀について語ることになった。プレジデント社で歴史に詳しい方から明智光秀の話を伺い、その話の感想を書籍にしたのである。
そこで得た私なりの結論は、
「人は皆、明智光秀である」
ということだ。

彼もまた弱者の流儀でのし上がった人間なのである。光秀の心は、気持ちのパノラマのようである。挫折、苦悶、光明、苦渋、貧困、抜擢、期待、羨望、絶頂、すぐその横に苦悩が横たわり、そして最後には謀反、敗北という形で己の生命を終えた。
その意味では、信長、秀吉、家康らの勝者たちよりもドラマチックに生々しく生きた。敗者は、私たちにとって人生の教科書である。私は、勝者になれなかったこの一人の男から多くのことを学べるような気がしている。
「人は皆、明智光秀である」、この言葉を頭の片すみに置きながら、ぜひ本書を読んでいただきたい。

本文に著者野村さんの<俺のボヤキ>が掲載されています。
光秀の人生にとって、丹波攻略とは、栄光の架橋だな。
そういえば、そんな歌があったか?
というツイッターのようなものです。

【目次】一部抜粋である

まえがき

第1章◆ 「その他」から始まった人生
●戦国の歴史も、勝負の世界も人間ドラマ
《俺のボヤキ1》
●「ひもじさ」こそ、光秀と私を結びつける
《俺のボヤキ2》
●世に出るまでの長い道のり
●南海テスト生に合格
《俺のボヤキ3》

第2章◆ マルチな才能が開花、ダブル主君
●信長にその才能を認められた光秀、四十一歳の光明
●信長の家臣、義昭の近臣
●葛藤の中で成果をあげる
●残虐非道の比叡山延暦寺の焼き討ちと光秀
●義昭追放と光秀の家臣団
●ライバルは互いの身を助く

第3章◆ 絶頂の四十代、疑心暗鬼の五十代
●丹波攻略こそ武将としての誇り
●丹波攻略の五年間で明智家臣団がよいチームに
●初めての挫折~天正五年の黒井城の戦い~
●天正七(一五七九)年八月、ついに丹波平定
●織田軍団の〝近衛師団長〟
●信長と光秀の蜜月時代
●光秀の心に忍び寄る「疑心暗鬼」の瞬間
●本質を知る、原理原則で考える

第4章◆ 「敵は我にあり」
●虚しき謀反の朝
●安土城での家康の饗応役
●本能寺の変
●六月二日から十二日までの、光秀の十一日間
●六月二日から十二日までの、秀吉の十一日間
●心ならずも、山崎の戦い
●そして、死

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る