「アーロン・ジャッジ ニューヨーク・ヤンキースの主砲 その驚くべき物語」

・デヴィッド フィッシャー (著), 藤田 成子 (翻訳)
・東洋館出版社
・1540円

ジャッジはどんなときでも野球のことしか考えていない。チームが勝つために自分は何をすべきなのか。このような姿勢から、デレク・ジーターの後継者とも呼ばれている。MLBにデビューしてからの快進撃はすさまじかった。「52本でホームラン王」「オールスターゲームにア・リーグ最多得票で初選出」「オールスターでのホームラン競争優勝」「満票で新人王受賞」など、その記録は数えきれない。本書では、ジャッジの生い立ち、高校・大学時代の脅威的なエピソード、衝撃の2017シーズンの裏側を余すことなく紹介。

MLBのスーパースターもジャッジの実力に驚愕・絶賛!

『ジャッジは、ジーターにちょっと似ていると思う。いつもにこやかで、とにかく野球をするのが好きだ。グラウンドの中でも外でも、安心して見ていられるよ』
―ジョー・ジラルディ[元・ニューヨーク・ヤンキース監督]

『ジャッジを見ろよ。おっかないよな。あんなにおっかないもの、見たことがないよ』
―デビッド・オルティーズ[元・ボストン・レッドソックス]

『ジャッジがプレーしているのを直に見られるだけで、入場料を払う価値がある』
―ブレット・ガードナー[現・ニューヨーク・ヤンキース]

■本書の内容
第1章 カリフォルニア・キッド
驚くべき成長
目立つことの苦痛
「どうして」

第2章 学校のスター
スポーツ万能のヒーロー
成長
天賦の才
「誰も彼を止められない」
ダイヤモンドの原石

第3章 キャンパスのスター
スカウトたちの目
決断のとき
故郷を離れて
際立つ才能
ホームランバッター

第4章 プロ入り
危険な賭け
ジーターとの出会い
輝く未来
期待の新星

第5章 ついにヤンキースへ
微調整
衝撃的なデビュー
明るい展望

第6章 メジャーの洗礼
大きな体は吉か凶か
理想のスイングを求めて
分岐点
不安な春
競争の原理

第7章 嵐を呼ぶルーキー
ブレイクアウト
入るか、入るか、入った!
電力サージ

第8章 高みへ
なんというホームランだ!
MVP! MVP! MVP!
スポットライトを浴びて
盛りだくさんな一週間

第9章 リンデンの誇り
熱い男
両親への思い
ジ・アニマル

第10章 栄光のオールスターゲーム
憧れのヒーロー
テレビ中継の目玉
一人舞台

第11章 風雲児ジャッジ
怪物ルーキー
燃える夏
人気の秘密

第12章 革新者
チームを救ったスーパーキャッチ
球場を変えたジャッジ
ジャッジとブリーチャー・クリーチャーズ

第13章 スランプと向き合って
野球はきまぐれ
辛抱のとき
笑って我慢
三振記録

第14章 野球の顔
ロールモデル
テレビで奮闘
ニューヨークのために頑張る
復調
一年目の驚異

エピローグ
年表

関連記事

ページ上部へ戻る