「私が見た 大谷翔平とメジャー新時代」

・長谷川滋利
・祥伝社
・902円

2019年シーズンは「二刀流」ではなく、指名打者としてエンゼルスの中軸を担った大谷翔平選手。歴代日本人メジャーリーガーのなかでも、その活躍は際立つ。
彼の原動力は何か。トミー・ジョン手術の経過は。来季、投手に復帰するためには何が必要か。また、グラウンド外での日常はどうなっているのか――。
自身もエンゼルスに在籍、日本人投手で最多登板試合数を誇り、メジャーを知りつくす著者が、大谷の実像と可能性を解剖する。
さらに、長距離移動や食事、年俸、年金制度など、野球ファンでも知らないメジャーリーグの秘話や、イチロー、黒田博樹、野茂英雄ら〝侍〟たちとの交流、日米野球文化比較など、著者でしか書き得ない情報が満載。

関連記事

ページ上部へ戻る