「消えた球団 松竹ロビンス1936~1952」

・山際 康之,堤 哲, 広尾 晃,野球雲編集部 (編集)
・ビジネス社
・1080円

内容紹介

ネーミングライツの先駆け!
個性派球団興亡史

<<消えた球団シリーズ第2弾! >>
セ・リーグ初代覇者の名は日本初のネーミングライツビジネスだった!
和製ディマジオ小鶴誠、神主打法岩本義行、
金山次郎らが並ぶ水爆打線がここに復活する!

~羽ばたいたコマドリたち! ~
第1章 田村駒治郎と禮子夫人の球団経営
第2章 職業野球にかけた企業家たち
第3章 松竹ロビンス誕生秘話
第4章 野球と六代目尾上菊五郎
第5章 松竹ロビンス年代記
第6章 記録から見る、1950年松竹ロビンス優勝
第7章 ロビンス選手列伝
第8章 ロビンス監督列伝
補 章 松竹ロビンス記録の部屋 1936~1952

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
セ・リーグ初代王者「松竹ロビンス」は戦前・戦中・戦後、
プロ野球創成期からの老舗球団。
1950年セ・リーグ初代覇者となりながら、
1953年に旧・大洋ホエールズと合併、すでに存在しない。
名物オーナー田村駒治郎、和製ディマジオ小鶴誠、
神主打法岩本義行、金山次郎らが並ぶ水爆打線、
1リーグ時代の最多連敗記録16連敗、
毎日オリオンズと対戦した初の日本シリーズ、そして映画産業と野球。
17年間の球団の軌跡をたどりながら、エピソード豊かな球団の真実に迫る。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

関連記事

ページ上部へ戻る