「野球監督 日米150年史 第2巻 プロ野球監督誕生150年! 日本の野球書籍史上初の『日米野球監督通史』」

・海里龍馬
・野球文明研究所
・99円(Kindle)

内容紹介

“If you read it, They will come.”(これを読めば、彼らはやって来る)

日本に野球が伝来して1世紀半。日本の野球関連書籍史上初の「日米野球監督通史」がついに登場!

2019年は世界初のプロ野球チーム「シンシナティ・レッドストッキングス」が誕生して150年。

このチームをプレイングマネジャーとして率いたハリー・ライトは初の「プロ野球監督」であり、
2019年は「プロ野球監督誕生150年」の年でもある。

日本のスポーツ指導者のなかでもプロ野球監督の注目度や地位は他の競技と比較にならないくらい高く、書店の書棚には野村克也、星野仙一、落合博満など監督として成功を収めた野球人たちの著書が並べられている。

だが、これほどまで注目を集める「野球監督」が、いつ、どこで、どのようにして生まれ、これまでどのようか人物がどんなチームを率いて、どんな選手を育ててきたかを記した「通史」は、野球が明治維新の到来とほぼ時を同じくして日本に伝来して以来、出版されてきた形跡がない。

ハリー・ライトが初めて「プロ野球監督」になってから現在まで、コニー・マック、ジョン・マグロウ、ミラー・ハギンス、ジョー・マッカーシー、レオ・デュローシャー、ウォルター・オルストン、ケイシー・ステンゲル、アル・ウィーヴァー、スパーキー・アンダーソン、ビリー・マーティン、トミー・ラソーダ、ボビー・コックス、ジョー・トーリ、トニー・ラルーサ、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂、川上哲治、西本幸雄、上田利治、広岡達朗、古葉竹識、森祇晶、長嶋茂雄、王貞治、野村克也、星野仙一、落合博満、栗山英樹、工藤公康など、1世紀半の間メジャーリーグや日本プロ野球に登場した監督たちはいかに球史に足跡を残し、時代を変えてきたのか?

監督の実力を測る新たな指標「監督評価ポイント」を駆使して、「野球監督の150年」を語りつくす史上初の野球監督通史「野球監督 日米150年史」シリーズは毎週金曜日に刊行!

「第2巻」では、ピッツバーグ・パイレーツのプレイングマネジャーとして黄金時代を築いたフレッド・クラーク、プロ野球選手未経験ながらマイナーリーグで頭角を現し、Boston Beaneaters(現アトランタ・ブレーヴス)で5回の優勝を果たし「専任監督」として最初の成功を収めたフランク・シーリー、ヒットエンドランなどの斬新な「インサイドベースボール」を駆使して第一次Baltimore Orioles、Brooklyn Superbas(現ロサンゼルス・ドジャース)で7回のペナントを獲得し、配下から多くの名監督も輩出したネッド・ハンロンなど、19世紀末から20世紀初頭にかけて目覚ましい業績を残した監督たちにスポットを当てる。

(引用:Amazon)

関連記事

ページ上部へ戻る