「ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗」

「ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗」

「ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗」

・小関順二
・文藝春秋
・1458円

内容紹介

このチームが人を育てる!
プロ野球ドラフト会議では、毎年百人以上の将来有望な若者たちの運命が決まる。各球団はそれぞれの戦略に基づいて指名選手を選ぶのだが、広島、日本ハムなどの「勝ち組」と低落傾向にある阪神、オリックスなど、明暗はくっきりと分かれている。
西武→ドラフト巧者だが冒険心で劣る。ソフトバンク→高齢化対策は万全ではない。日本ハム→このチームは立ち止まらない。オリックス→高校卒のコーチがいない。ロッテ→成果主義が指名を萎縮させた。楽天→東北の大物に向かっていけるか。広島→ドラフトの成功で黄金時代へ。ヤクルト→外れ1位が幸運を呼ぶ。巨人→関係者に悪い人はいないけれど。DeNA→筒香の後継者を育てるべき。中日→高校生が大成できない土壌。阪神→金本ドラフトの明と暗……。
本書ではドラフト(新人補強)戦略に初めて着目し、新しいカテゴリーを創りあげた第一人者の小関順二が、12球団の試行錯誤の歴史、現有戦力の分析、未来への展望などを語り尽くす。
いま必要なのは将来性豊かな高校生か。即戦力の大学生&社会人か。ピッチャーのコマ不足を補うのか。強力打線を作り上げるのか。ビッグデータを活用するのか。スカウトの勘を信じるのか。
はたして、吉田輝星(金足農→日本ハム)や根尾昂(大阪桐蔭→中日)などの選択は正解なのか。答えは十年後に判明する。大ヒットシリーズ「プロ野球問題だらけの12球団」総集編&ドラフト速報版にして、人材登用&育成戦略のバイブル。

(引用:Amazon)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る