「八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件」

「八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件」

「八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件」

・山際康之
・KADOKAWA
・1620円(Kindle版:1620円)

内容紹介

仲間が戦場に行くなか、なぜ野球賭博に手を染めなければならなかったのか

戦時下の貴重な娯楽として国民を楽しませていた職業野球に闇の手が伸びる――。
昭和11年、巨人軍、タイガースなど七チームによる職業野球リーグが発足すると、連盟はすぐさま、大リーグで起きた八百長事件を懸念して、防止策を急いだ。
しかし、それをあざ笑うかのように、不正をはたらく選手が現れた。そして、他のチームへと拡大の様相をみせていく。
選手たちを召集する巨人軍。苦悩する沢村栄治……。
なぜ選手たちは、連鎖するように次々と不正に手を染めていったのか。戦時下の八百長事件を、当時の資料や証言を丹念に積み重ねることにより追跡していくと、浮かび上がったのは、今なお繰り返し起こるプロ野球界の不祥事の本質だった……。
賭博の予想に使われた野球雑誌をはじめ、戦前・戦中の貴重な写真、資料、新聞記事を多数収録。

(引用:Amazon)

 

関連記事

ページ上部へ戻る